法事に招かれた際の基本的なマナーについて

冠婚葬祭にマナーはつきものです。法事は親族のみで行われるとはいえ、冠婚葬祭としての守るべきマナーがあります。まず服装ですが、基本的に法事の場合は喪服で参列します。二十七回忌、三十三回忌など回数を重ねた場合は、地域によってまた親族同士の考え方によっては、喪服を着用しない場合もあります。喪服を着用しない場合でも、地味な色合いの服を選ぶようにします。また、招かれた場合はお金を包んで施主に渡します。施主のほうでは法要後に食事に招待するのが通例ですので、失礼のない金額(1万円以上)を包みます。宗派によっては塔婆を建てますので、その場合は予め施主に電話で塔婆を建てることを伝えておき、当日塔婆代も別途施主に渡します。金額は親族間の取りきめや地域性によるところが大きいので、あらかじめ親族間で確認しておくといいでしょう。

浦和 入れ歯をお考えの方に朗報です
輝きを増す個別指導 仙台
名刺作成のことをカンタンチェック!
Google
Amazonで楽々ショッピング

最新記事