一般的マナーについて

冠婚葬祭といえば結婚式や法事が主ですが、その中で、法事のマナーについて知らないことが多い方がいるでしょう。冠婚葬祭における法事とは、法要ともいわれ、亡くなられた方の冥福を祈り、その例を慰めるために命日に行う行事です。法事に出席する際、持参するものですが、従来はせんこう、ろうそく、菓子などの供物や供花を持参するものでしたが、最近は供物料現金を1万円から2万円程度包むのが一般的とられています。出席する時の服装ですが、一周忌の法事までは喪服で三回忌以降は、地味な平服というのが一般的です。喪服が用意できない場合は、ダークグレーや紺色などの地味なワンピース、スーツでも問題ありません。お供物料などは、あくまでも目安なので、親戚や関係者に問い合わせ、失礼のないように準備するのもマナーです。親戚が集まる場なので、恥をかかないように注意する必要があります。

▼おすすめのサイト

環境や雰囲気で選ぶ建て替え
引用元: http://www.selesys.net/howto/
家づくりや建替えサポートのセレシス公式サイト。ハウスメーカー比較のノウハウと共に、設備・仕様・坪単価からユーザーの評判・口コミまでの幅広い情報をご提供。建て替え、家づくりのサポートなら『セレシス』、実績が違います。
Google
https://www.google.co.jp/
Facebookはじめませんか?
https://www.facebook.com/

最新記事

  • 冠婚葬祭にマナーはつきものです。法事は親族のみで行われるとはいえ、冠婚葬祭としての守るべきマナーがあります。ま …

    基本的なマナーについて

  • 法事とは、故人の身内や親しい人を呼び供養する、仏教の儀式のことを言います。冠婚葬祭の行事の中でも、最も多く行わ …

    法事はどういうものか

  • 冠婚葬祭は、ルールやマナーなど様々です。中でも法事は、その地方のしきたりやならわし、またその家の代々伝わる歴史 …

    地方や家によって違う